結城夏嶺

結城 夏嶺

(ゆうき・なつね)

吟遊の思想家。共同体のメカニズムから、責任論、哲学における「語り手」の問題まで、幅広い思想を展開する。『錯覚の哲学』を連載。

Posts

  • 言葉の視線に操られる - 錯覚の哲学

    言葉の視線に操られる – 結城夏嶺 – 錯覚の哲学 第一講

  • 錯覚の哲学

    「錯覚の哲学」をはじめよう – 結城夏嶺

Scroll to Top