satoshi takemoto

竹本智志

紫洲書院の主宰。出版をはじめ運営一般を担当。Shidzu + への寄稿やYouTubeチャンネル “Shidzu.plus” での活動なども手掛ける。

ロンドン大学UCLの保安・犯罪科学部卒(BSc)。専門は公開情報の分析による先端犯罪の分析・定義の試み。

吟士。

訳書に「ファシズムの原理」(紫洲書院)。


Works

Image

A.ロッコ、G.ジェンティーレ、B.ムッソリーニによる『ファシズムの原理』。

Shidzu.plus ひとくち解説「言語の恣意性」


Posts

カピバラを軸に、世界の警察を語る。後編:宗教警察・極東型警察
カピバラと世界の比較警察学シリーズ最終編。宗教警察と日本の警察に注目する。「日本の警察が脱走カピバラを追いかけた事件」の真相がついに明かされる。
カピバラを軸に、世界の警察を語る。中編:共産・植民警察
カピバラと無理やりからめて比較警察学を語るシリーズ第二弾。今回は共産国家と旧植民地の警察の職務や性格、歴史などを紹介する。
カピバラを軸に、世界の警察を語る。前編:英米・ヨーロッパ型警察
日本の警察はなぜカピバラを追うのか?カピバラを軸に世界の警察を語る史上初の試み!?
遺伝する犯罪性 〜双子実験〜 (下)
前回に引き続き、犯罪性と遺伝の関係に迫ります。双子実験の新たな手法、養子縁組実験とメタ分析を紹介します。
遺伝する犯罪性 〜双子実験〜 (上)
今回は、「犯罪性は遺伝するのか」、という問いに対する答えを得るために実施されてきた最もポピュラーな実験の一つ、『双子実験』とその結果を紹介します。
開講!『心理犯罪学入門』!
犯罪は、「ポリス的動物」である人間社会の最も基本的な現象の一つです。本講座では、この社会現象に対する心理学の諸要素からの説明を紹介します。
Scroll to Top