竹村 泰紀

非災化講座

「非災化」講座vol. 0 : 災と恵の両面性に向き合う

極端化する気象と、文字記録に残らないほどの長周期で繰り返す大変動。克服したはずの災いは再び甚大な被害をもたらすようになり、「観測史上初」の災害も起きている。だが、人類の歴史は自然現象の災いをなだめ、恵みを抽出する技術の歴史でもあった。気候が遷移しはじめた新しい時代のための、災害との向き合い方を模索する。

非災化講座

気候変動に際してのリスクとチャンス

地球にとって気候変動は呼吸のようなものである。ならば遠ざけるのではなく、これを社会と生態系の次の豊かさに、どうつなげてゆくかを考えることが必要だ。今回の温暖化の原因とリスク、そしてその吸収を超えた、変動なくしては発見し得ない大きなチャンスに目を向けたい。